投資は運と言うつもりはありませんが、初心者でも投資で利益を得ることは可能です。その為にできることを紹介します。

  • ホーム
  • 初心者には投資信託はハードルが高い

初心者には投資信託はハードルが高い

線のチャート

近頃では投資信託という単語を耳にすることも多くなってきましたが、その実態とはどんなものなのでしょうか。
投資信託とは、簡単に言うと多くの投資家から集めたお金をひとつの資金として纏め、
運用の専門家が株式や債券などに運用する商品のことを指します。
そしてその運用の成果がお金を出した出資者に、それぞれの出資した金額に応じて分配される仕組みとなっている金融商品です。

この投資信託を購入した後に運用が上手くいって利益を得られる場合もあれば、運用が上手くいかずに出資した額を下回る分しか配分されない場合もあります。
運用が上手くいくかどうかは運用先の市場環境に大きく左右されます。
つまりこの投資信託というのは、必ずしも利益が約束されている金融商品ではないということです。
その分低い出資額でも投資することが可能となっています。

そのため投資初心者の多くが買おうとするのですが、注意点が多く初心者にはハードルが高いと言われています。
理由の一つは上記で述べたように利益が約束さされていないことです。
運用のプロに任せるから必ずし利益が得られるよう勘違いしてしまいますが、その時々の社会情勢や市場の状況に大きく左右され、損をするというケースも少なくありません。
自らが運用が上手くいく時期やタイミングを知っていなければ利益を得るのは難しいです。

また自分で運用せずに専門家に任せるため手数料がかかり、自らの利益は減ります。
このことを理解していない人が多いようです。
具体的には販売するときに発生する販売手数料、契約を解約するときに発生する信託財産留保額、そして運用実績に伴って支払う信託報酬などがあります。
これらの手数料がかかるもの、かからないものはものによって様々ですが、信託報酬は基本支払うものなのでチェックが必要です。
以上のことから投資信託とは初心者でも少額から始められ、簡単に利益が得られるものではないということが分かります。

関連記事